前へ
次へ

七五三のお祝いのお返し

七五三には、親戚や近所の方から親しみをこめてお祝いをいただくことがよくあります。これは、結婚や出産のときのお祝いとは少し異なり、贈る人も限られているので、そのお返しとして贈る内祝いは基本的に不要とされています。しかし、どうしても感謝の気持ちを伝えたければ、お菓子やお茶、また七五三を迎えた子供の写真付きの品物などを贈ることもあります。相手がごく近い親戚等であれば、そのようなオリジナルのギフトは喜ばれます。また、せめてお礼状だけでも、と一筆したためるケースもあります。どちらかと言えば、お礼状の方が、かえって贈った人に気を遣わせないという意味で、適しているかと思われます。その場合も贈る時期や文章などに気をつけて礼儀を正さなくてはなりません。

Page Top